SSブログ
前の10件 | -

第二の否認のその先

第一の否認は、「自分がアルコール依存症であることを認めない」という否認であり、
第二の否認は、「自分は酒さえ飲まなければ、何の問題もない」という、
自分の責任を酒に押し付けてしまう否認である。

このブログでも述べている第二の否認とは、「飲酒を止めれば全て上手くいく」、
「飲酒をしなければ何をしてもいい、飲酒をしなければ全てのことは許される」という否認だ。
諸悪の根元は酒であり、 その酒を断ったので一件落着…そう思いたいのだ。
第二の否認から脱却出来なければ、飲酒時代と変わらない思考や行動パターンを繰り返す。
心は不安定なのに酒は飲めず、我慢の断酒を強いられるといった苦しくまた危うい状態だ。
「認める」とは、依存症になるまで飲まなければ生きて来られなかった…
この事実を認めることなのである。

また、断酒は継続しているけれど、
飲酒していた時と同じ感情や行動パターンが生じることがあって、
それを酔わない酔っぱらい(ドライドランカー)とも呼ぶ。
そのようなことが少なからずあるということも肝に命じておきたい。

過去を振り返ると、俺にとっての否認は上に挙げた定義とは少しずれているような気がする。
実際、俺の酒好きは周知の事実で、「病気になったら酒やめるよ」と言っていたし、
手が震えるようになってからは、「たぶん俺はアル中なんだろうな」と気づいていた。
ただ、ヤバいと気づいていながらも隠れて飲み続けていた。
底つきを経験し精神病院に入院してからは、飲酒欲求は一切起こらなかった。
だが、「飲みたくなったらどうしよう」という不安は常に感じていた。

第二の否認の、「飲酒をしなければOK!」という感情は無く、
「俺は間違っていた、断酒をして早く元の社会に戻りたい」と言う気持ちのほうが先行した。
なので、型にはまった「第一の否認」、「第二の否認」については、
いまいちピンと来ないというのが本当のところだ。

健康体のアル中ならば、そういった飲酒欲求も起こるのかもしれないが、
俺の場合は、肝硬変と肝細胞ガンがあるので、
【飲んだら死ぬ】といった恐怖心から、飲酒欲求が起きないだけなのかもしれない。
だから尚更、「残された命を有効に生きよう」と、生き急いでいるのかもしれない。

昔から「余った時間がもったいない」という性格ではあったが、
断酒を始めた5年前からは、以前にもましてスケジュール表を真っ黒に埋めようとして、
その行為に生きがいを得ようと焦っている自分がいる。

実はこれが、最もアルコール依存症になりやすい性格でもあるのだが。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ハイブリッド免疫

コロナは第8波のケルベロスが増えている。
ケルベロスって、たしか頭が3つの犬だったような?
コロナもおかしな名前を付けるよね(笑)
感染経験者も増え、徐々にインフルと同じような捉え方の人が増えたような気がする。
ワクチンを何回打っても感染するし、無症状の人も多いし、
「風邪だ!」と言って、バックレの人も多いと聞く。
今年の春までは、コロナを理由に工期延長を許してもらえる現場もあったが、
withコロナになってからは、なかなかこちらの言い分が通らなくなってきた。

感染による自然免疫とワクチンによる免疫の両方があると、高い防御力を獲得し、
「ハイブリッド免疫」とも呼ばれ、感染歴のある人がワクチンを1回接種すると、
感染歴のない人がワクチンを2回打った場合と同等か、
それ以上の抗体の量があるとのデータもあるという。
てことは、感染しても無症状だった人がワクチンを打つと無敵?
一度も感染していない人のほうが弱い?

なんだかよくわからなくなってきた。


先日、政府はプロスポーツやコンサートのチケット販売に、
マイナンバーカードの活用を検討していると言うニュースがあったが、
今度は、セルフレジで酒・たばこの年齢確認にマイナカード利用を検討しているそう。

だから違うんだって。
そもそも自分の身分証明のマイナンバーカードを日常遣いするのは、
素人考えからしてもセキュリティ面で問題があると思う。
はたしてマイナカードはスーパーのセルフレジで提示して良いものなの?
個人情報すし詰めで個人口座紐づけのものを常時携帯するのは抵抗がある。

マイナンバーカードは行政が発行するものなので、
使用用途は行政に関係するものに限定したほうがシンプルだし、
そうしたほうが普及率も高まると思う。
健康面や経済的理由から、酒もタバコもやらない人が多くなっているのだから、
セルフレジ前でマイナカードを提示する人が何人いるだろう。

マイナンバーカードの普及のために様々な利用方法を検討しているところが、
管理に対して不信感を持たれて逆に普及させない方向に向かっている気がする。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

子猫去勢手術の時期

まだ気が早いが、チビの去勢手術の話が出た。
里子の話もあったが、里親候補の人は今まで手術をしたことが無いと言う。
さくらねこ(TNR)のことも話したが、あまり乗り気ではない様子。

里子に出すにしろそのまま地域ネコとして世話を続けるにしろ、
手術をしないとノラ猫が増え続けてしまうので、去勢手術は必須条件だ。
そこで、手術は何時頃したら良いのか調べてみた。

獣医さんが推奨している去勢タイミングは、生後6〜7ヶ月頃。
オス猫の性成熟が生後7ヶ月過ぎくらいからである為、そのタイミングで施術。
性成熟を迎えてからの去勢手術の場合、
マーキング行動に改善が見られないことも想定されるので、
実施のタイミングには注意が必要とのこと。

チビを初めて発見したのが9月23日の秋分の日、
おそらくその日の朝に隣の公営駐車場に捨てられたのだと思われる。
俺の家の周りは山も近いし人気も少ないので昔から猫が捨てられるスポットとなっている。
それに、昼間は家の前の道でサビ親子がのんびりくつろいでいたりする。
まあ、ネコを捨てるには絶好の場所なのである。

去年同時期のクロと同じくらいの大きさだったので生後1か月と言ったところだろうか。
たぶんお盆くらいに生まれた子だと思う。
そうなると6~7ヵ月というと来年の2~3月が手術のタイミング。
去年クロも生後半年で発情期を迎えた。
オスとメスの違いはあるが、チビもそのころ最初の発情することになるだろう。
その時期が来たら、また役所の環境課に行ってさくらねこのチケットを予約せねば。

前回、クロは難なく捕まえることが出来たが、サビ母さんの捕獲には1か月かかった。
手術するには少し時期が遅かった。
2匹のおなかにはすでに赤ちゃんが入っていた。
かわいそうだが手術をしてさくらねこになってもらった。

クロとサビ母さんは、捕獲までに結構な時間を要した。
その失敗の経験があるので、チビは簡単に捕獲できるよう最近はスキンシップを図り、
空腹時ならば触れるまでになっている。

チビも一代限りの地域ネコとなってしまうが、
残酷な殺処分を減らすためには仕方がない。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

腹に入ればみな同じ

昨日の帰り道、ネコたちのゴハンを買いにHCに行った。
家ネコのみぃはピュリナワン7歳以上用、
小食の事務所ネコのシロはモンプチの毛玉ケア、
ノラ3匹は8kgの大袋
全部でだいたい4,000円
コロナ禍で配られた地域振興券も使い切った。

キャットフードは、周期的に1~2ヵ月おきに買いに行っているのだが、
全体的に1割~1.5割値段が高くなっていた。
お値段据え置きの商品は、内容量が少なくなっていた。
でも、当時の俺の酒代に比べたら安いものだ。

当時の俺の1ヵ月の酒代の内訳は、
家飲み用の備蓄酒(焼酎)7000円
外飲み*2回で7000円
コンビニ酎ハイ2000円
それにタバコ代を加えると2万円以上は散財していたことになる。
現在はそれが0円だから、年間では20~30万の違いがある。
「断酒」は、健康的な生活を送れるだけではなく、
経済的な面からも財布にやさしいことがわかる。

俺を含むアル中は、酒の味よりも安さとアルコール度数に重きを置く。
何でも良いから酔って嫌なことを忘れたい、疲れを麻痺させたい、睡眠をとりたい。
そっちのほうがメインだ。
しかし、安くても自分の口に合う「酒」の選択だけは心得ている。
「酒」がメインの生活がゆえ、食費を削っても譲れない部分もある。
俺の場合、主力となる焼酎甲類(4Lペット)の備蓄酒は、安さだけを求めた。
たまに買う缶チューハイは、巡り巡ってSTRONG ZERO DRY一択だった。

外飲みを我慢して家飲みだけにしても、飲酒量は変わらないと言うより逆に増えた。
どうしても1万円/月はかかっていた。
食事は我慢できても酒だけは我慢できなかった。
てか、酒浸りだから空腹感は消滅していたので、酒が流動食と化していた。
そりゃあ胃が破れて血反吐も吐くよな。

誤解を恐れずに言えば、そもそもアル中はバカ舌だ。
今半のすき焼き用の牛肉と吉野家の牛肉の区別がつかない。
パティシエの作る高価なケーキとスーパーの100円ケーキの区別もつかない。
「山崎製パン最強!」、「腹に入ればみな同じ」これが口癖だ。

俺みたいな屈折した感覚にならないように、おかしなルールを作る前に、
酒より大事なものを見つけよう。

つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

そろそろ冬

なんか今日から天気は下り坂だそうだ。
気温はそれほど下がらないらしいが、いよいよ冬タイヤを考えようかな。
でも、今週から師走なのにまだ霜も降りていないんだよね。

柚は、ひと霜降りたら収穫期だと思っていたが、霜を待たずに色づいた。
予報では、12月の気温は平年並みだと言っている。(ホントだろうか?)
平年並みって、近年の暖冬になってからの平年並み?
だとしたら、今期もまた暖冬だ。
冬用タイヤに入れ替えるのも年明けか?

去年の日記を見たら、12月2日に大雨が降り、
12月4日にメダカの水に初氷が張っていた。
その後、徐々に寒くなっていった。
ついでに一昨年の日記を見ると、12月8日に初霜と初氷だった。

ということは、例年通りならば今週末から来週には、
暖冬ながらも冬らしくなってくるようだ。
季節外れのような暖かさから体感が一変するため、寒さが体にこたえそう。
しかし、厚手のダウンを着てしまうと汗をかいて冷えてしまう恐れも。
以前なら、熱燗で体の芯から温めていた俺だが、
上着の脱ぎ着で調節しながら体調を崩さないよう注意したい。


政府は、プロスポーツやコンサートのチケット販売に、
マイナンバーカードの活用を検討しているそう。
てか、そういうことじゃないんだよ。
高額転売が起こるのは、需要と供給の価格が釣り合ってないだけであって、
どうしても行きたい人は正規ルートでなくても高価でもそれを買うだろう。
例えば、初競りで競り落とされる3億円のマグロを高いと見るか安いと見るかは買い手次第。

公共的な行政機関で必要な理由なら最低限で理解はできるが、
民間の個人趣味的部分まで行政が介入、管理するのはおかしい。
マイナンバーカードを広めるためにやみ雲に数字だけを求めている感じ。

他の手段でも出来るような事ではなく、行政ではないと出来ないことをやって欲しい。
こんなことより年金・保険証・税金・役所関係・免許証など、
公的なものがマイナンバーでできるようになって欲しい。

スポーツ観戦やコンサートに行かない人のほうが多いし、
景気対策のバラマキも、旅行や外食をしない人のほうが多い。
ピンポイントの一部の人が儲かるシステムではなく、
全国民が納得するマイナカードの活用法を望む。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

マッタリとした休日

昨日は晴れて気温も上がり、ポカポカ陽気の休日となった。
朝のルーティーンをこなし、夜明けからゆっくりペースで始動した。

畑に陽が差し、夜露が切れ始めたころ、
霜が降り始める前に今期最後のチンゲン菜の収穫をした。
夜露で土が柔らかくなったところで、
ついでに除草作業とチンゲン菜が無くなった部分を軽く耕した。

その後、大根の土上げをしている最中に、クロとチビが畑に遊びに来た。
夜明け前に朝食をあげてから一寝入りしてお目覚めタイムだったのだろう。
「おはよう♪」と声をかけたが、素知らぬ顔で耕したばかりの畑を掘り始めた。
追肥である(笑)
今や裏の畑は、ノラ3匹のトイレと化している。
たまに踏んでしまうこともあるが、毎朝家ネコ2匹のトイレ掃除もしているので気にならない。
後で洗い流せば良いだけのはなしである。

野良仕事を終え、次にメダカの水槽の水替えをした。
その作業中にも、チビがニャーニャー纏わり付いて来た。
事務所ネコのシロも「何してるの?」と、網戸越しに鳴いている。
とても穏やかな日曜日の朝だった。

作業を終えネコたちとマッタリしているところに近所の人が通りかかった。
「おはようございます♪」
「七ちゃん、隣のおばさん見なかった?」
「雨戸も玄関も開いているのに声をかけても出てこないんだよ」
おばさんは91歳で独り暮らし、少し痴呆が始まっている。
3食の食事は近所に住む娘さんが持ってきて一緒に食べているが、
そのほかの時間は全くのひとりである。
足腰は丈夫なので、徘徊が心配になって2人でおばさんの家の周りを探した。
「七ちゃ~ん、おばさんいたよー!」
見ると、裏庭で柚を採っていた。
ホッとした。

午後は女子駅伝を見ながらまたマッタリとした。
とても時間がゆっくりと動いた日曜日となった。

さあ、今週も頑張ろう!


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

人口減少にアプリ

出生率が激減している。
特に地方では人口減少が顕著だ。
晩婚化、DINKS(Double Income No Kids)、一生独身派の増加など、
正社員でも低収入だったり非正規雇用の増加、増税などで経済状態が厳しく、
自分たちの老後の保障の無い中、「結婚して子供を持とう」と言う人が減るのも当然だ。

現に、うちの子供たちも、
長女「結婚はムダ、彼氏とは共有&割り勘」
次女「有益だったら、彼氏(同棲中)と結婚する」と、
とてもドライな思考の持ち主である。

出会いのきっかけとして利用者が急増しているマッチングアプリ等のSNS。
「Windows95って画期的だね」、「ISDNって早いね」と言っていた我々世代からしてみれば、
騙し、釣り、勧誘、ヤリモクからの防衛本能が働いてしまい、
ネット上での出会いなど怖くて考えづらい。

アプリ運営会社と手を組んで人口減少に歯止めをかけようとしている行政も出現している。
アプリの信用性、全国の人に晒される、出会いが増えるとリスクも増える。
行政を挙げてそんな宣伝をしたら、良からぬ輩たちのターゲットとなるのは間違いないね。
それにアプリなら、マッチングしなければ追い課金も発生するのかな?

マッチングアプリなどの出会い系で怖いのは、「犯罪に巻き込まれないか?」ということだ。
住所・名前・TEL番号・運転免許証のコピー程度の身分証明では、犯罪は防げない。
こんな時に有効利用できるのが、マイナンバー制度なんじゃないかな?
ただ、「出生数を増やしたい」との行政側都合でSNSを利用し、
その後に起こる何らかのトラブルまで責任はとれるのか?
結局は「自己責任」で収められるのは明白だ。

マッチングアプリで危険を見分けて避けたり、
良い相手を見つけてうまくやっていける人は、
アプリがなくてもうまくやっていると思う。

子育てがしやすい土地という条件にしないと、出生しても出て行くだけで意味が無い。
雇用があり、住まいや生活があり、さらに若い人が子育てしやすい条件が必要。
高校までの医療費無料、給食費免除などの子育て支援のほかにも、
企業誘致、居住地、商業施設充実をはじめとした都市計画も必要だと思う。

行政も財政的に厳しいだろうが、
出会い系より先にすることがあると思うんだけどな。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング












nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

どれが真実?

先日コロナの侵入を許してしまった知人のお宅だが、
知人を含め未感染の家族の皆さんは、鉄壁の守りで陰性を貫き、
晴れて社会復帰を果たしたそうだ。

国産初の新型コロナ飲み薬「ゾコーバ」が緊急承認された。
「待ってました!」と思ったが、なんかゆる~い薬のようだ。

肝心の発熱や鼻水など5つの症状の改善を早める効果だが、
薬を飲まない場合の「8日間」から、飲んだ場合は「7日間」へと短縮される、
つまり“1日早くなるだけ。
それに、妊婦、もしくは妊娠の可能性がある女性は服用不可、
高血圧や高脂血症など36種類の薬と一緒に飲むことが禁止。

ん~~~。

重症化の予防効果も期待されず、
軽症の患者は、すでに解熱・鎮痛剤や、せき止めの薬などで十分に対応できている。
この薬があるからって、ワクチンを打たなくても良いわけではない。

ウィルスの増殖を抑える効果はあるようなので、ほかの人への感染は防ぐことができる。
withコロナで自主検査が多くなった今、
検査キットと抱き合わせで、パッケージ商品として薬局やドラッグストアで売ったら良いのでは?
処方されないと無理か。。。

そして塩野義製薬は、国産として第1号となる新型コロナウイルス感染症のワクチンについても、
製造販売の承認を厚生労働省に申請した。

いろいろな選択肢が増えることは良いことだ。
やっぱり、国内でなんとかできるようにならないとね。
ただ、今後5回目6回目7回目・・・・と、
重症化率が低くなっていく中、ワクチンを打ち続ける人は減っていくと思う。

「ワクチン接種期に東日本大震災以上の超過死亡」
「80歳未満はワクチン接種者のほうが感染しやすかった」
「コロナの症状よりワクチンの副反応のほうが発生率が高い」。。。
次々に明らかになるコロナワクチンの疑惑と真実。
しかし、政府やマスコミはいまだに「ワクチン接種」を推奨している。

統計・データの数字は正確で公正なものと考えている人は多い。
しかし、さまざまな統計・データの数字は必要以上に強い印象を与えたり、
実際とは異なる印象を与えたりする、「印象操作」を行うためにとても便利な道具でもある。
集計方法を変えればランキングを上げられる場合もある。
今までならこんな記事は削除及び発信できなかった。
報道規制があまりにも明確だっだ。
SNS上ではフェイクニュースも飛び交っているし、いったいどれを信じたら良いのだろう?


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング













nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

DVの連鎖

俺がアルコール依存症で入院し、退院した月から自助グループに通うようになった。
例会には妻と一緒に参加しているのだが、妻は一生懸命、俺は近年サボり気味だ。
妻が自助グループや精神疾患について熱心になっている理由は、
俺のアルコール依存症よりも、
亡くなった妹の統合失調症と、父親の精神的DVに対して熱心に勉強している。
実際、妻は外ではおとなしいが、家の中では感情の起伏が激しい。
感受性が強いだけなら良いのだが、マイナスの感情が爆発しているとしたら、
それはちょっと注意が必要なのかもしれない。
なぜなら、放っておくと心の病につながるからである。
彼女もそれに気づいているから精神疾患についての勉強も本気だ。

妻の父親はオレ様気質で、周り、特に家族を自分の意のままに支配しようとする人だ。
磁石のS極とN極がくっつけばその支配と服従の関係も成立するが、
S極どうし、N極どうしだと反発しあう。
亡くなった義母は、義父に対して絶対服従だった(S-N)
だから性格の似ている兄弟や、長女である妻との衝突も頻繁に起きている(S-S)or(N-N)

彼女は、「父親のDVの連鎖ではないか?」と、不安を抱いている。
うちの子供たちが小さいころ、妻が叱りすぎて次女が失神して倒れたことがあるほどだ。
間接的に後になって聞いた話だが、
「虐待しちゃうかもしれないから、結婚しても子供は欲しくない」
「おとうちゃんは結婚に失敗したね」
と、成人した娘たちが言っていたそうだ。
まあ、俺は妻の性格を受け入れて、回避する技を習得しているから無問題だ。
アル中は、障害物をするりとかわして逃げるのは得意中の得意だ。
それに昼間は、もっと気性の荒い職人さんたちと立ち回っているので、
免疫は十分に備わっているし、特に気にならない。

「虐待やDVは連鎖する」といわれることがある。
そのため、「親から虐待されて育つと、自分も同じことをしてしまうのだろうか?」と不安になる。
不安だということは、虐待の可能性に気付いているということ。
虐待は、実は無自覚にやってしまっているケースが多い。
「親にやられたことを、自分も子どもにしてしまう」と不安を抱く理由は、
虐待やDVの被害者に共通する「自己肯定感の低さ」にあると言う。

そうした母親を持つ子は、人の心を読み取るのが非常にうまい一方、
恐怖が体感的に刷り込まれているケースも多い。
こうしたトラウマを持つ子供が親になると、自分が怒っているときも、
見えているのは目の前にいる子ではなく、脳裏に浮かぶ自分の母親の怖い顔だと言う。

夫の理解や、周りにサポート役や引き止め役がいたりする場合には、虐待は起こりにくい。
自分の親に対する怒りや恨み、甘えたかった気持ちを否定せずに素直に振り返り、
信頼できる人に「言葉を紡いで語る」ことができれば、過去からの脱却は近くなる。

俺は彼女のサポート役になれているのだろうか?


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

アル依,コロナとその後

サッカーワールドカップが始まっているそうだ。
ニュースを見て初めて知った(恥)
なんか、ぬる~っといつの間にか始まったような感覚だ。
以前のワールドカップは、もっと騒いでいたような気がするのは俺だけだろうか?

飲んでいたころは、特にサッカーに興味があるわけでもなく、
みんなで集まってワイワイテレビ観戦をしていた。
要はサッカーをツマミの1品にしていただけなのだが(笑)
ハロウィンなんて、本来の趣旨とは全く別物になっているし、
結局みんな、何かをきっかけに騒ぎたいのだ。

コロナ禍で2~3年我慢していたが、「コロナは風邪化」が進むにつれ、
隠れアル中も、オープンアル中に変化していくのだろうか。
元々酒好きで、多量飲酒していた人にとってのコロナは、
良い隠れ蓑になっていただけなのかもしれない。
飲み過ぎをコロナのせいにしていたアル中予備軍たちは、新たな作戦を立てる。
自宅の狭い空間で隠れ飲むよりも、逆に外で飲めるから、
赤ら顔で酒の匂いをさせて帰宅しても、飲み会や接待のせいにできる。

予備軍(アルコール依存症初期)のうちは良いのだが、
症状が出始め、手が震えている中期から末期の人にとっては、
人と接する機会が減って、顔色や発汗、臭いや手の震えなどの表面的な変化がバレないので、
家での隠れ飲みのほうが、コロナ禍のほうが逆にやりやすかったのかもしれない。

手の震えを抑えるために、勤務先では血のにじむような努力を強いられる。
手持ちのマイボトルをポケットに忍ばせ、震えはじめたら会社のトイレに駆け込んだり、
デスクの引き出しではバレるので、器具庫や書庫の隅に、
給水ポイントとしてボトルキープをする必要がある。
フリスクやミンティア、ガムや飴、ファブリーズやリセッシュも買い足さねばならない。
箸を使うとバレるので、昼食はおにぎりがメインになる。
外飲みは家飲みより出費もかさむので、おこづかいの調整も必要だ。
そして、しれ~っと帰宅して「これくらいしか飲んでませんよアピール」で、
500mlの缶チューハイを1本、これだけは家族の前で公然と飲める酒だ。
わざとゆっくり、おいしそうに少しずつ飲むようにする。
それは、尋常でつつましい飲み方を家族に見せつけるための演技だ。
夜中には晩酌の酒が切れて目が覚める。
出社するためにはもう一眠りしなくてはならないが眠れない。
そんな時にはアルコールが睡眠薬だ。
隠しておいたマイボトルを取り出す。

こんな生活を長く続けられるわけがない。
俺はいつか倒れるだろうと思っていた。
そして5年前の春49歳のとき、血反吐&下血で緊急入院となり、
俺の断酒生活と肝硬変治療は始まった。

心当たりのある人は、生活改善を望む。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



アルコール依存症ランキング












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -

メッセージ